法曹専攻<法科大学院>

  • 専攻サイト
  • 案内PDF
  • 募集要項
  • 過去問題
  • web入力システム
取得学位 法務博士(専門職)
募集定員 36名
授業形態 平日=夜間  土曜=昼夜間
教員数 13名
入学料 282,000円 (平成26年度入学者例)
授業料 前期:402,000円  後期:402,000円 (平成26年度入学者例)
その他 入学料免除制度  授業料免除制度  日本学生支援機構

特色

2004年4月、新しい法曹養成制度がスタートしました。筑波大学も、大学院ビジネス科学研究科におけるこれまでの社会人教育の経験から、多くの社会人が法曹資格を取得できる機会を強く求めていることを実感していました。2005年4月、筑波大学は、多様なキャリアを持った法曹人の養成、そして社会人のキャリア転換志望という社会的需要に応えることで、大学院における社会人教育に先鞭をつけてきた筑波大学としての社会的責務を果たすべく、夜間に授業を行う法曹専攻(法科大学院)を設立しました。筑波大学法科大学院は、社会人のための法曹人養成を目指した夜間の法科大学院です。

教育方法

専門性を有する法曹人を養成するために、次のとおり段階的に、確実に能力を獲得するカリキュラムによって良質なプログラムを組んでいます。

  1. 必修科目としての「法律基本科目群」
    (1)公法、民事法、刑事法の基礎的・体系的知識の獲得と、法的思考力の養成「実定法基礎科目」
    (2)応用力を高める「実定法発展科目」
  2. 法律家としての基礎を形作る「法律実務基礎科目群」
  3. 法律家として素養を醸成する「基礎法学・隣接科目群」
  4. 先端的・応用的法分野の専門知識を習得する「展開・先端科目群」

などです。

授業は、講義や演習に加えて、模擬裁判など実践的なものまで、いろいろな形式がありますが、プロセスを重視した授業を行います。

本専攻は、法学未修者コース(3年制)と法学既修者コース(2年制)に加え、余裕をもって修学できるように長期履修制度(未修者4年と既修者3年)を用意しています。

法曹専攻専用の自習室は24時間使用可能です。ITを使った学習システムも整備されており、自宅・勤務先から法律文献検索や録画授業の視聴が可能です。さらに、オフィスアワーやチューターを配置することで、学習支援体制を整えております。施設内には提携法律事務所があり、リーガルクリニックなどを通じて、実践的な法律実務を修得することができます。

受験をお考えの方へ

東京キャンパスの専攻・コース

  • ビジネス科学研究科
  • 博士前期課程
  • 経営システム科学専攻
  • 企業法学専攻
  • 専門職大学院
  • 法曹専攻
  • 国際経営プロフェッショナル専攻
  • 博士後期課程
  • システムズマネジメントコース
  • 企業法コース
  • 人間総合科学研究科
  • 博士前期課程
  • カウンセリングコース
  • リハビリテーションコース
  • 修士課程
  • スポーツ健康システムマネジメント専攻
  • 博士後期課程
  • 生涯発達科学専攻
  • 3年制博士課程
  • スポーツウエルネス学位プログラム
  • 研究組織
筑波大学附属図書館 図書館情報メディア研究科
  • 修了生の方へ
  • 所在地・アクセス
  • 学内向けリンク
PAGETOP