11. 特別措置、12. その他、13. 問い合せ先・証明書等提出先


11.特別措置

身体に障害のある方で受験の際に特別な配慮を必要とする方は、
2019年9月10日(火)~9月14日(土)までの間に
13.問い合せ先・証明書等提出先へ申出てください。
本人の希望及び障害の程度により本大学院で検討し、受験に際し特別な措置を行う場合があります。

必要書類

●障害者手帳(写し)・・・・・・・・・・・・・所持者のみ提出
●診断書(過去3ヶ月以内に作成されたもの)・・必須
●受験特別措置申請書(様式任意)・・・・・・・必須

※申請書には、受験に際し希望する措置を具体的に記載してください。
(記載例:◯◯障害があり書字が困難であるため、◯◯分の試験時間延長を希望する)

※診断書には、申請の妥当性が明確に記載されていることが望ましい。
(記載例:◯◯障害があり書字が困難であるため、試験時間についての配慮を要する)

12.その他

(1)出願書類に不備がある場合には受理しませんので、十分留意してください。
(2)Web入力システムの利用停止、休止、中断もしくは制限、または
通信回線の障害等の発生によりシステム利用者が期限内に入力・データ出力・印刷等を
完了できなかった場合は、受験することができなくなります。
(3)Web入力システムへの同一人物の二重登録は認めません。
(やむをえず二重登録となった場合は、後に入力したデータを出願データとします。)
(4)Web入力完了後に内容に訂正があった場合は、書類提出時に訂正箇所を明記し、
他の書類と併せて提出してください。(氏名・住所・学歴・職歴等の基本情報に限る)
(5)出願後、出願書類の記載事項についての変更は認めませんので、
十分確認の上、提出してください。
(6)他大学又は本学の他研究科・専攻に重複して在籍することはできません。
(7)受理した出願書類は、日本語能力試験又はJ.TEST実用日本語検定認定書を除き、
返還しません。
(8)受験の際には、受験票を必ず持参してください。
(9)受験のための宿舎、旅館等の斡旋は行いません。
(10)合否の問合わせには、いかなる事情があっても応じません。
(11)受験についての詳細は、「受験者心得」を参照してください。

【安全保障輸出管理について】
本学では、「外国為替及び外国貿易法」に基づき、
「国立大学法人筑波大学安全保障輸出管理規則」を定め、
外国人留学生の受入れに際し厳格な審査を実施しています。
規則事項に該当する場合は、希望する教育が受けられない場合や
研究ができない場合がありますので、注意してください。

13.問い合せ先・証明書等提出先

筑波大学東京キャンパス
社会人大学院等支援室 教務担当
住所  :〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
電話番号:03-3942-6918
メール :businessentrance”#”un.tsukuba.ac.jp
”#”を@に置き換えてください。

受験をお考えの方へ

東京キャンパスの専攻・コース

  • ビジネス科学研究科
  • 博士前期課程
  • 経営システム科学専攻
  • 企業法学専攻
  • 専門職大学院
  • 法曹専攻
  • 国際経営プロフェッショナル専攻
  • 博士後期課程
  • システムズマネジメントコース
  • 企業法コース
  • 人間総合科学研究科
  • 博士前期課程
  • カウンセリングコース
  • リハビリテーションコース
  • 修士課程
  • スポーツ健康システムマネジメント専攻
  • 博士後期課程
  • 生涯発達科学専攻
  • 3年制博士課程
  • スポーツウエルネス学位プログラム
  • 研究組織
筑波大学附属図書館 図書館情報メディア研究科
  • 修了生の方へ
  • 所在地・アクセス
  • 学内向けリンク
  • 教室ご利用希望の方へ
  • 資料請求
PAGETOP